■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
小さな秋見つけた
小さな秋を見つけましたDSCN1820.jpg

DSCN1816.jpg

ここの所犬達をそっちのけで渓流釣りに熱が入

ってしまった。展覧会も近いが今月末で渓流釣

りもオフになる。それだけではない。夏の間に

幾度となく釣行の機会があっても、重い腰が上

がらづ気持ちがその気にならなかった。


ようやく痛風から解放され、重い腰と気持ちが

晴れたせいか俄然その気になり、毎日のように

沢に入っている。


沢のそばでヒラタケを見つけた。山はもう秋な

のだ。


DSCN1815.jpg

沢は狭く低木のため毛バリも使えないため餌釣

りでのトライ。購入したブドウ虫30匹もあっとい

う間に無くなった。ほとんど入れ食い状態だ。こ

の後この沢に幾度となく通った。AM9時30分

頃からPM2時頃まで釣り上り、帰りは獣道を使

わせて貰っている。沢沿いに無数の鹿道があ

る。所々っで沢水を飲み里に下りてくるため

簡単に見つけられる。獣道が沢から離れても

必ずまた沢に道が続くため、30分程で戻っ

てこれるので非常に重宝している。


DSCN1818.jpg

獣道は数多くの鹿達により整備(?)されて

いる。ここは釣り人に余り知られてない穴場だ。

熊もいない場所で安心して釣行出来る。熊と

言えば、また熊の出没が多発している。我が

家から直線距離で400m程の高龍寺参門と

家前道路上り400m程の熊さんの工房付近

で出没。この夏二人の犠牲者が出ている。

一人は男性で顔をかじられて全治3か月、も

う一人は女性で後ろから襲われ爪により片目

失明。犬の散歩も命がけになってきた。

猟友会も自治体も何をしているのか分からな

い。今年の秋の実りは指を咥えて家に居ろと

いうのか。早く決着をつけてもらいたいもの

だ。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
未分類 | 18:14:13 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。