■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子犬の訓練その2
訓練その2の紹介P4290036.jpg

訓練で大切なことは、その日の子犬の体調や

やる気(主人も子犬も心身共に安定しているか

等子犬周辺の環境がよい事)がある時に行い

ます。訓練を始めて子犬が嫌がる時は早々に

やめましょう。


1.散歩から帰って来たら十分遊んであげまし

ょう。少し時間(15分でも1時間でも落ち着

けばOK)をおいて子犬に訓練を開始します。

リードにショックを与えて待て、数秒間後良し、

待て良しの繰り返しを毎日同じ場所で行いまし

ょう。待て数秒間出来たら大げさに褒めます。

出来るようになったら時間を少しずつ延ばしま

しょう。これが出来るようになったら散歩途中

にやって下さい。必ずできます。次のステップ

は他犬とすれ違う時に待てで待たせます。子犬

ではなかなか出来ませんが、出来るまで続ける

ことを勧めます。

これが出来るようになれば何処のどんな場所で

も待てと言えば犬はジッと待ってくれるはずで

す。極論を言いますと、なかなか出来ないこと

でイラつきつい叱ってしまうことがあります。

犬は十秒十数秒もするとそれ以上の遊び等等

興味があるものに心を取られ、つい今の事を

忘れてしまうものです。訳も分からず犬との信

頼関係が無くなり犬も混乱逆効果になってしま

うからである。叱る時はあくまでも悪い事をした

時だけです。覚えない、覚えが悪いこととは違う

のです。覚えるまで根気よくジッと耐えて訓練し

ましょう。少しでも出来たら身体全体で褒めてお

やつの一つでも与えたらきっと喜び、次へのや

る気につながります。出来ても継続することが

何よりも大切です。訓練で覚えたことは一生忘

れません。甲斐犬は他犬種より数倍も早く覚え

ます。じっくりと穏やかに訓練をしていきましょ

う。それが子犬の為であり、何よりも貴方の為

でもあります。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
未分類 | 09:43:51 | トラックバック(0) | コメント(7)
タイヤを換えてみました
リード110のタイヤをスタッドレスに換えてみたP4220020.jpg

4月16日に走行中おもいっきり転倒。年甲斐も

まく左鎖骨を骨折し療養中ですが、山菜採り・

渓流釣り絶好のシーズンに入ってやきもき。

愛車リードも野山を駆け回り走行距離7000

kmを超えタイヤが悲鳴を上げている。そこで

思い切ってスクーターのタイヤからスタッドレス

タイヤに変更した。


P4220018.jpg

P4220019.jpg

鎖骨骨折の療養中のもかかわらず試運転開

始。アスファルト道路はスタッドレス特有のふに

ゃふにゃ走行だが、ダートはバッチリだ。砂利

道も多少の草の中も難なく走れる。気に入っ

た。当然ですが雪道は走らず、もっぱら春から

秋までの期間に限定しています。

それにしても早く骨が着かないか焦っている

よりも、連休の一番いい時期に指を咥えて見

ている自分の気持ちを抑えるのが悔しくてな

らない。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


未分類 | 13:32:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
子犬の訓練
私の子犬の訓練方法を紹介

3.4箇月から徐々に訓練をしていきます。

1.待てと良しそしていけない

これだけをしっかりと仕込めば後は必要ないと考

える。待てと良しの訓練は食事の時が一番良

い。ともすると目の前にある食事に飛びつき食

べたいのが子犬である。食事前に待てを毎日聞

かせる事が大切で、訓練を始め何日か後にリー

ドを引き子犬を止める。良しと言ってはリード

を緩め食べさせるの繰り返しで必ず覚える。

これを覚えたら次のステップは散歩時だ。子犬

を左脇にしてゆっくり散歩する。子犬も散歩の

中から多くの事を学ぶため最初は落ち着かない。

ましては興味(動くも)を示す場合はあちらこち

ら引っ張るのが子犬である。子犬が落ち着いた

時を見計らい待てとリードを一旦緩め、今度は

リードでショック与えながら待てと言って止ま

る。良しで歩き始めの繰り返しを辛抱強く行え

ばきっと覚えてくれるはずである。いけないは

何か主人に対して甘噛みしたり飛びついたりし

てきたときに使う。いずれも子犬が少しでも覚

えたら思いっきり褒めてやろう。ひざまずき顔

をなぜて背中の毛を尾側から首に反対にさすっ

てやると安心して甘えます。

2.室内犬は展覧会に出さなければお座り、伏

せまで教えた方が良いと思う。来訪者来たとき

等嬉しくて室内を飛び回り飛びついて来たりす

る光景をよく見かけますが、決してよい事では

ありません。当然ながら待て良しを完全マスタ

ーしてからお座り(座れ)、伏せ(伏位)のど

ちらでもよいが( )内の方がキレがよい。

座れと言いながらリードを引き腰を下に押し付

けます。嫌でもお座りの状態になります。この

繰り返しと褒め殺しで訓練すると覚えやすいと

思う。お座りが出来るようになったらこんどは

伏せ(ふせい)を教えます。まずリード先端首

輪付近を持って伏せと言いながら地面に引きよ

せます。何回かやるうちに覚える犬はよいが出

来ない犬については手ではなく足で踏みつけま

す。嫌でも顎が地面に付きます。この繰り返し

できっとお座りと伏せは克服できると思います。

お座りはともかく伏せはリードがなくとも遊ん

でいる最中に伏せと言えばたとえ遠くにいても

その場で伏せの態勢をとります。そっと近づき

リードをつなぎ思いっきり褒めてやればよい犬

に成長します。この訓練は成犬でも十分可能で

すので是非試して見てください。きっと満足す

る結果が出ると思います。子犬の選び方から少

しずれて来ましたが、メールでの問い合わせが

少々御座いましたのでご紹介しました。

これはあくまでも私の経験からですが、是非試

して下さい(犬の性格にもよります)。
ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


未分類 | 14:27:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
子犬の選び方第四回
子犬の選び方第四回猟犬その2P4220017.jpg

分かりずらいとのご連絡がありましたので、

再度猟犬について記載したいと思います。

1.始めて猟犬に牝を選ぶのは牡に比べて牝の

方が単純に猟欲がある確率が高いからである。

牡が駄目とは決して言えません。猟犬として成功

しても6.7年あるいは10年もすれば猟犬とし

ての価値が落ちて、当然ながら次の犬を飼うこと

になろうかと思う。猟を止めるならば良いが続け

るためには育てた猟欲を持ち合わせている愛犬

から子を取りたいのが普通である。猟欲は血統・

実猟犬により多少の格差はあるが子犬のうちは

ハッキリ言って分からない。これは犬の訓練能力

と飼主の訓練により差が出てくる。簡単に言えば

余程の駄目犬で無い限り訓練次第で如何にかな

ると言うことであるが、親犬が猟犬であるのが最

適である。それと牡に比べ牝の方が小ぶりで運

動能力(機敏性)ははるか上である。

2.毛質の短毛ですが、洋犬のポインター等の短

毛犬は日本の山岳地帯にあるトゲの付いた木々

植物がない平坦地又は原っぱ等で猟を行うため

短毛でも問題はないと思う。日本でも使用して

いる方はそれでも問題ないと言う方もいますが

これも出来れば後の事、繁殖の事等を考慮して

短毛で無い子犬を選ぶこと。親元に両親犬の毛

質を聞けばある程度は分かります。

蓑毛は首から尾付け根にかけて他の毛よりも長

く太く硬くあり、出来れば昔の蓑(雨具)のよ

うに肩(前足の方)にかけてあれば最高です。

いずれも子犬のうちは分からないのである程度

の成長すると分かりますが日頃の観察しながら

期待をすることです。

3.口は狼の様に細長い口ではなく、やや太目

を勧める。太いと顎骨等の発達により犬歯も太

くなりやすいだけの事である。2箇月もすれば

大凡分かるが、別にどちらでも構わない。

4.尾は両親の尾から推察するしかないが、遺

伝等が大いに影響することから両親どちらかが

極端な巻尾の子犬はやめた方が無難だ。ただし

子犬に親の遺伝が出ない場合もあったり、逆に

巻尾でないのに出る場合もあるのでブリーダー

に聞いた方が良い。

5.追記であるが、背丸の犬は良いが、背ダレ

の子犬は絶対に選ばない事。これも背中を触っ

ても余り分からないと思うが、ブリーダーに

聞いた方が無難である。背ダレの犬に健康な犬

は余り見かけないことから、猟場でのスタミナ

が心配される。

私個人の偏見を綴っただけのものです。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


未分類 | 08:42:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
子犬の選び方第三回
子犬の選び方第三回猟犬P4180003.jpg

猟犬はほぼ家庭犬と同じである。違いと言えば、

猟期には主人と共に山野を駆け回って獲物を追

い、また主人の仕留めた獲物を運搬することで

ある。猟期以外ではの家族の一員となり静かに

共存する。

1.始めての狩猟犬には牝で鳥猟を勧める。選

  び方は動く物に機敏に反応する子犬が良い。

  元々甲斐犬は狩猟犬であるが、猟欲が強い

  かある程度成長しないと分からない。体形

2.体形は余り気にしない方が良いが、鹿型の

  甲斐犬を勧める。

3.性格はいくらかシャイが良い。

  シャイが良くても、突然に銃声に驚き一目

  散に車に帰ってしまうでは困る。日頃から

  射撃場等に足を運び音に十分慣れさせるこ

  とが不可欠であり、シャイの方が呼び戻し

  が早いと思う。あくまでも一般的な話であ

  り、シャイで無くゲーム中にも呼び戻しが

  簡単出来る犬がベターであるが、どちらも

  訓練次第である。  

4.部品の選定は念入りに。

(1)前足の握りは無い方がかえって有利である。

  展覧会では握りも重視するが、狩猟となれ

  ば形など気にしない。広がっている方が岩

  場ブッシュ等に迅速に対応できるからだ。

  子犬の時はあまり分からないがどちらでも

  良いが出来ればの話である。

(2)次に毛質だが、短毛は絶対に選ぶな。ブッ

  シュで怪我をする確率が高くなる。勿論格

  闘時においても同じことが言える。長毛で

  剛毛が良い。蓑毛も首から背中だけではな

  く、肩から下にもある方が最も良い。

(3)口はいくらか太目(ロングではない)の方

  が良い。何故なら太く長い丈夫な犬歯に成

  長する期待がある。

(4)尾は差尾がベターである。巻尾は避けた方

  が良い。尾は獲物をポイントする時に巻尾

  では不利になる。疾走するときは巻尾も差

  尾も体と水平になるが、ポイント時は差尾

  が断然有利である。

(5)飛節は普通以上であれば良い。X脚も成犬

  になればある程度治って来るものであるが

  戻らない場合もあるので注意。

(6)狼爪がある場合は、早い時期に爪の根元を

  輪ゴムで締め壊死させ、取ってしまうこと

  も出来る。ブッシュ等障害物に挟まったり

  して思わぬ怪我の元となり、せっかくの獲

  物を取り逃がすことになりかねない。1箇

  月程度で腐って落ちてしまうが、痛くて思

  わず鳴くこともある。その後消毒でもすれ

  ば簡単に傷は治る。

*たまにある涙目は逆さまつ毛が原因の場合も

ある。この時は目の上を昔の剃刀で一寸切ると

簡単に治る場合もあるが、獣医でやってもらう

と良い。

子犬の選び方猟犬は、あくまでも私の偏見を

書き綴っただけのものです。次回は展覧会犬と

しての子犬の選び方を記載したいと思っていま

すが私には荷が重すぎますので、今までに出会

った優秀な甲斐犬のお話に代えさせて頂きま

す。
ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


未分類 | 11:02:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
子犬の選び方第二回
子犬の選び方第二回家庭犬P4180003.jpg

家庭犬は家族の一員として十年近く生活を共に

することから、兎に角人間好きでなければならな

い。

1.数匹の子犬のうち尾を振りながらいち早く近

  づいて来る子犬が良い。

  人懐こい人間好きな性格ではあるが、中には

  気質の強い性格の子犬も居ることを忘れては

  ならない。

2.餌を食べる時に周囲を気にする様な子犬は

  シャイか裏表がある性格になる可能性はある

  と思う。

  人間には危害は加えないものの、なかなか躾

  に苦労すると思われる。

3.ガツガツ餌を食べている子犬は気性が強い。

  当然兄弟犬より早く食事を終え他の餌も食べ

  たい食欲旺盛な子犬もいるが、後に躾で失敗

  する恐れがある。これは飼主に問題があり決

  して犬が悪いのではないと思う。気質が強い

  故に、度が過ぎる躾によりストレスを持つた

  め失敗してしまう恐れがある。懐を大きく持

  って接していけば問題は解決する。

4.体型・風貌にとらわれず気質の良い子が一番

  毎日観察されている親元が推薦する子犬が

  良いと思う。子犬の性格を一番理解している

  のは親元で、子犬の全てを知り尽くしている

  からである。
 
5.決してペットショップでは買うな

  親の素性も分からない、ましてやその子犬等

  買ってから後悔しても遅い。余り良いことも

  なく多くを望まないならそれも良し。  

今日もこれくらいで、早速新しいデジカメを購入

してきました。前のはやはりバイクで転倒した時

に液晶が破壊されたようです。たった2箇月前に

買ったばかりなのに・・・

子犬の選び方家庭犬は、あくまでも私の偏見を

書き綴っただけのものです。次回は猟犬としての

子犬の選び方を記載します。

 ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


未分類 | 14:58:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
私の子犬の選び方
私の子犬の選び方第一回を紹介P4180003.jpg


子供の頃から犬好きで、ビークル・ボクサー・柴

犬を飼い、射撃を始めてから狩猟に目覚めセッ

ター・紀州x薩摩ビークルを飼育し、現在は甲

斐犬に没頭。


ほんの少しの経験と偏見ではありますが、これ

から甲斐犬を飼って見たい方の一助となればと

思い記載致します。


1.誰しも成長したらどんな顔、身体の大きさは、

  性格は良いのか悪いのか疑問に思うもので

  ある。両親が人間好きであるのが一番。

  シャイかシャイではないのかは飼う環境でも

  多少は変わる(治る)が基本的には変わらな

  い。

2.ブリーダーお勧めの子犬が良い。

  但し、ブリーダーとの信頼関係が大切であり、

  私の所属する「甲斐犬源友会」小林代表に教

  えられた。犬を買うなら人を買えという言葉

  通り信頼出来る人から求めるのが一番だ。

  出来ればブリーダーと直接会って話をすれば

  飼主の性格・環境等を理解した上の子犬選定

  をしてくれるはずである。

3.引き取り時期は早くも遅くもいけない。

  子犬が決まれば早く手元に置きたいと考える

  のが普通であるが、そこで選定した子犬をど
  
  の様な計画で躾訓練していくかである。母親
  
  と早く放して躾が出来る自信があれば良いが

  そうもいかないのが現実である。仕事・家庭

  環境等が時には邪魔をする。アバウトではあ

  るが生後60日2箇月で引き取った場合、そ

  の後30日3箇月で環境に慣れさせ120日

  4箇月から少しづつ躾訓練を始め6.7箇月

  程度まで行えば十分であると思う。8箇月に

  なれば心も体も安定してくる時期に入り教え

  なくとも勝手に覚えてくれるようなると思う。

  大切な時期は4~7箇月頃だと思う。この時

  期に遊ばせ褒め殺し躾を十分にすることが大

  切だと考える。

今回はこのくらいで、次回は家庭犬・猟犬そして

展覧会犬としての選び方を紹介致します。

これはあくまでも私自身の偏見であり、他愛犬家

と相違することがあります。 

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


未分類 | 17:44:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
パソコン復活
持ち主と同じかよ。パソコン復活。

7日の展覧会後どうもパソコンがおかしい。何と

かならないかといじくり廻し過ぎたのか、はたま

たパソコンがいじけたのか調子が悪かった。未

だ一寸おかしいが(持ち主と同じか?)まあいい

かの精神で復活。


当然ながらデジカメも不調。新しいやつを買っ

たばかりなのにと思うが、やはりディスカウント

で購入するとこういう当たり外れがある。


と言うわけで写真はさておき、今までの経験か

ら(大した経験もないが)甲斐犬の子犬を購入

するにあたってのノウハウ(大げさに言って見

たが大したことではありません)をまとめて見ま

した。これはあくまでも私自身の偏見であり、た

だの参考です。もし今後初めて甲斐犬を飼って

みたいという方がありましたらその一助として

見るのも(ただし責任は無しです)いいと思いま

す。

今日は昨日バイクで転倒骨折した鎖骨が痛むので

能書きはこれくらいで、次回に私の選び方を。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村




未分類 | 14:01:07 | トラックバック(0) | コメント(1)
神代桜に再度パワーを貰いに
7日日曜日が荒れないようお願いにDSCN0184.jpg

今日は絶好のお花見日和。神代桜も観光客で

一杯だった。週末の天気は大荒れの予報。ここ

山梨で行われる甲斐犬展覧会137回展には

はるばる遠くから来てくれる皆様のために神代

桜にお願いとパワーを貰いにまたまた行って来

ました。

正面からお願い、少しでも天候が和らぐよう。


DSCN0183.jpg

後ろに廻って、お願い約束して。

DSCN0181.jpg

実相寺山門から廻り、もう一度お願い。

DSCN0180.jpg

実相寺全景。左側奥に神代桜。

DSCN0186.jpg

ついでに真原の桜並木にもお願いをしに。

DSCN0192.jpg
DSCN0193.jpg

真原の桜並木入り口に喫茶・食事処「かたか

ご」があります。自然食・有機野菜・無農薬にこ

だわった食事が魅力です。武川に来た時は是

非一度立ち寄って見て下さい。勿論ギャラリー

も必見です。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


未分類 | 19:36:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
散歩コースに鹿の足
アグリが何かかじっている。鹿の足だ。DSCN0172.jpg

アグリが藪の中で何かかじっていた。よく見たら

鹿の足だ。カリカリと小気味よい音が聞こえる。

暫くかじらせていたが、散歩の途中なので可哀

そうだが取り上げて再び藪の中にポイ。


DSCN0170.jpg

再び一狼。走れ走れ、もっと走って丈夫な体に

なあれ。今日の夜は豚の肩ロースが待ってい

るぞ(一寸痛み始めたのでお犬様におすそ分

け)


DSCN0168.jpg

飛べ飛べ、もっと飛んで丈夫な足になあれ。

DSCN0167.jpg

遊び疲れたら休憩かよ。今日は一寸遅くなった

が、お前たちの血統書の申請に本部に行って

来た。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


未分類 | 17:36:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
稲姫の成長
愛知の「稲姫」の成長を紹介RIMG0146.jpg

「一狼」と兄弟犬愛知の「稲姫」。兄弟だけあっ

て瓜二つだ。毛質は同じようだが、見るからに

落ち着いているように見える。私が見る中で兄

弟中一番の肝が据わっていた。


RIMG0160.jpg

環境も良いが飼主様が大切にのびのびと育て

ていることがうかがえる。


RIMG0164.jpg

耳も長く立っているが、毛が長いことからあまり

長くは見えない。程よいバランスだと思う。


RIMG0172.jpg

骨格も太く飛節もしっかりしている。尾も太いが

出来ればもう少し長くなれば申し分ないと思う。

精悍な顔つきが何とも言えなく魅力を感じる。

成長が楽しみな兄弟犬である。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


未分類 | 13:57:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
そろそろ畑の準備
まだ寒いが、畑の準備をする時期になってきたDSCN0165.jpg

今年は畑に何を植え付けるかまだ決まってい

ないが、昨年と比較しながら計画しなければな

らない。どの様にするか悩んでいる。展覧会が

終わったら準備をしなければ。PH計で畑の土

を測定したら7以上あったので、6程度までさげ

なければならなく頭が痛い。下げる方法誰か教

えてくれればいいのだが。単に水を撒いて薄め

ればいいのか分からない。油粕を入れれば酸

性の方向に行くのかな?


DSCN0164.jpg

明日葉も芽吹き、フキノトウと天ぷらに出来る。

酒のつまみが一つ増えた。


DSCN0162.jpg
DSCN0161.jpg
DSCN0163.jpg

三か所に増やした行者ニンニクも順調に成長し

ている。大きい株は毎年花が咲き子供を増やし

ている。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村




未分類 | 09:07:57 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。