■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬の不思議3
犬は忘れない?

犬の習性なのか定かではないが、一度飼われた

り可愛がってもらったりすると何時になっても忘

れないと言う話をよく聞きます。忠犬ハチ公等は

美談としてよく知れ渡っています。しかし本当に

そうであるのか疑問を感じます。たまたま主人の

迎える時間帯によく餌を与えられて、たまたまそ

の光景見た人たちが勝手に美談に仕上げたので

はないか。決してハチ公の忠義を否定するもの

ではありません。その時代にたまたま美談として

取り上げられてしまっただけの事だと思います。

恩を忘れない美談、犬にはそもそも恩なんかと

思ってはいないと考えます。忘れないでいること

よりも以前に飼って、可愛がってもらった時に美

味しい食べ物を貰ったことを体で覚えていること

が自然に表現した行動にでてしまっていると考え

ます。


この様な性質を利用すれば犬の訓練・躾等はい

とも簡単に出来ると思いますが現実はそうもいか

ない。犬の種類・性格等がハードルとして立ちは

だかるのが現実です。


人間の言葉が理解できない限り簡単に躾・訓練

は出来ない。しかし言葉を理解する様なことがし

ばしば見られる。私は言葉は決して理解出来て

いないと思う。例えば濁音で「ダメ」と言ってもうろ

うろしてパニクッていることもあった。しかし「イケ

ナイ」と教え込めばなんとなく理解してきた。言葉

の濁音は余り伝わっていないことが分かる。なら

ばなんで言った言葉が理解できるのか、やはり

主人と環境から言われた言葉がこれだと判断し

てそのようにしていると思う。幾度となく体験する

ことによってその言葉を理解すると勝手に人間が

思ってしまっているように思われる。まるで人間

の2~3歳の幼児と同じ位である。


犬は不思議な生き物だ。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
未分類 | 07:49:30 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。