■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬の不思議12
アグリ生理近し

牡犬の子犬は産まれてから徐々に男性化して

いくが牝犬は違う。牡犬から見れば中性的で

あると思う。思春期になると突然に女性に変

化していきその時期(交配)になると牡犬の

感情を大きく変化させる。すなわち交配への

受け入れである。牡がマウント態勢はいれば

牝は尾を横に向け交配の受け入れ態勢をと

る。生理が近づくと陰部は徐々に大きくなっ

ていくがいつ頃から始まるか監視したことは

ないが大凡10日~15日程度生理前に始ま

っていると思う。過去に見た多くの犬の中に

陰部が極端に腫れ、生理を終えてもなお大き

い犬を見たことが有る。原因は分からないが

彼女の体は牡犬を十分受け入れる体が出来て

いると思われる。排卵が近くなれば吠えたり

時には攻撃的になったり、また牡犬との遊び

が多くなったりもする。最終的には牡犬のマ

ウントを許し陰部を露出して発情で牡犬を誘

う行動をとる。これらの行動の中で普段尾を

下げている牝犬でも耳も尾もピンと立ててい

るのが何とも不思議な光景だ。交尾後は早い

犬は数分で、離れるが長い犬は一時間近くも

離れないこともある。飼主はとてつもなく長

い時間を耐えなければならない。何故交尾時

間長いのかは分からないが、他牡犬との交尾

を拒否、すなわちこの牡犬以外とは交尾をし

しないと牝犬の本能が行動に出ているのでは

と推測できる。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
未分類 | 07:27:45 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。