■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬の不思議 14
総合的判断での牡牝犬の選び方

2頭以上の犬を飼うにはそれなりのリスクも

付いてくる。

散歩でのマーキング、遊びの中でのマウン

ティング等犬にも支配的な行動が日常に見ら

れる。牡は特に主人に反抗的であるが支配的

にもなりやすい。他犬には攻撃的であり人を

咬む確率は牝に比べて高い。

牝は牡に比べて無駄吠えが多いが訓練・躾

等においては覚えが早く楽である。また飼主

に対しての愛情表現(表情・要求)も多い。

甲斐犬を里守犬にするには非常に難しい。

動物を追うことは他犬種に比べ足が速く圧倒

的に有利であるが、興奮した状態で獲物を追

っている時に他犬と接触した瞬間に攻撃の場

を他犬に移してしまう傾向が多いことから里

守犬には向かないと思う。

複数の犬を飼うには牡牝それぞれの特性・性

格等を理解しながら日常の犬達の生活を見守

ってやらなければいけないと思う。性格の不

一致では済まされない状態が続くかもしれな

いリスクもある事を忘れてはいけない。



ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
未分類 | 06:36:36 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。