■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
交配へのアドバイス
交配に向けての心構えとアドバイス

ここで言う交配とは、牝犬側から牡犬側に対

して交配行為を申し込むことを前提としま

す。交配相手を探すには、まずは所有する牝

犬の血統をよく理解することから始まりま

す。交配する牡犬の血統が余りにも近ければ

避けるべきだと思う。近いほど良くもあれば

悪くもあるリスクがあるからです。

1.交配相手を選ぶなら、展覧会で上位入賞

の犬が望ましい。上位入賞犬は審査員が良質

犬と判断しているからです。但し遺伝する健

康面は飼主しは分かりません。

2.交配が決まったら、ヒート確認後なるべ

く遅い方が良いと思う。最近では牡犬を求め

る傾向が多いため、遅ければ牡犬が多く生ま

れてくる確率が高くなるためです。自然交配

は牝犬が生まれる確率が高い。

3.冬場の交配は牡犬が多く生まれる確率が

高くなる。夏場と比較すると寒い冬場の時期

の交配では牡犬が生まれて来る確率は高い。

以上の事はあくまでも経験からの結論であり

参考程度に考えて頂きたい。

キャプチャ

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
未分類 | 08:19:44 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。