■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
甲斐犬って
私の思う甲斐犬ってどんな犬

日本犬で一般的に良く知られているのは秋田

犬のハチ公である。勿論映画にもなっている

ほど世界中にも知られている。上野の国立博

物館にも樺太犬ジローと共に展示されている

が、ここに甲斐犬も同時に展示されている。

名前は記載されていないが、たしか甲斐黒号

であったと思う。甲斐黒号と現在の愛護会展

覧会等で出陳されている甲斐犬を見比べると

外見はかなり違うように感じる。甲斐犬は

元々在来種であり、環境風土に合致した場所

で飼育されてきた。時代も変わり跳躍力、疾

走力等必要としなくなった現代社会において

はその野性味が失われ始めている。古い冊子

等で甲斐犬の雄姿を見比べると歴然として違

うことが分かってくる。原産地は大凡芦安村

と称されているが、早川町・平林・宮本・下

部・牧丘等山梨の各所で飼育されてきた。

体型は猪型、鹿型となっているが猪型はとう

の昔に絶滅している。猪型は字のごとく猪猟

に使われて、体型もずん胴で短足である。

一方鹿型は現在の甲斐犬の体型主流であり見

た目重視と言ったところだ。近年は甲斐犬の

愛犬家が増えていると言われていたが、実際

は減少しているのではないのか。であるのな

らば貴重な甲斐犬を守らなければと思う。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
未分類 | 09:28:55 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。