■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬の不思議30
生後40日、別れの日も近い。

食事と小屋の清掃そして子犬の躾等忙しくも

楽しい毎日を送っている。

さて、この時期の子犬には支配と服従をどう

しても教え込まなければならない。母犬が

唸ったり抑え込んだりする姿を見たことがあ

るだろう。それは母犬が序列と服従を教えて

いる第一歩である。犬は元々社交的であり、

教えなくともごく自然につくりだしてしまう

こともある。では社交的でない攻撃性の強い

犬はどう躾をするのか。私は威嚇して教える

ことを勧める。犬は序列をごく自然に受け入

れる動物である。私は怒鳴ったり鼻先をでこ

ピンで躾けている。勿論悪いことをした時だ

けである。ケージの中から一頭ずつ外に出し

て遊ばせながら支配・服従・忍耐・行動を観

察しながら時々の躾を行う。特にこの時期は

ホルモンが形成(生成が正しいのか)されて

いく時期であり、子犬同士の喧嘩が頻繁に見

られるはずである。だからこそ一頭ずつ外で

遊ばせ喧嘩が出来ないような環境にしてあげ

る。喧嘩は己の力を示すための方法である

が、面白いことが分かった。食欲旺盛(ガツ

ガツ早食い)な子犬は攻撃性の強い犬である

と思う。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
未分類 | 13:46:58 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。