■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬の心理
犬の心を知ることは難しい。

訪問者に対して吠えるのは特定の人だけなのか

分からない。我が愛犬達は郵便屋、運送屋、新

聞屋さん等特定の人間に対しては決して吠える

ことは無い。

しかし隣人、知人等幾度か来ているにも関わら

ず吠える。勿論家の前を通る通行人等は吠える

のは当たり前のようだ。

この行動が正しいのかそうではないのかは飼主

の判断だが、犬が吠えるのは本来の行動である

ことも忘れてはならない。

吠えるのをやめさせることは訓練で出来るが、同

時に果たしてそれで良いのかも問われる。

吠えないようにするには訓練が必要である。

訓練その1

訪問者が来たときに、訪問者から別の物に注意・

関心が移るするよう犬に命令・行動の訓練を行う

ことである。

訓練その2

注意・関心は具体的にはチーズ・おやつ等犬が

ほしい物を与え犬の気持ちを引く事。犬の耳を観

察しながら行えば自然と身に着くはずである。

訓練その3

注意・関心のタイミングは耳の動きであるが、こ

の時に口笛・笛等を使って強引にであも飼主に

気を引くように訓練する。

訓練が出来たなら思いっきりほめてやろう。

我が家では、犬が吠えるのは当たり前と考えて

いるためにあえて訓練はしていない。

訓練には犬のストレス等のリスクも伴うことが考

えられるため、犬の性格も考慮した訓練方法が

大切である。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
未分類 | 11:57:23 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。