■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
朝の悲しみ
朝から悲しみの日が始まったDSCN2173-1.jpg

朝から悲しみの日が始まった。生まれて4日し

か生きられなかった一番小さな牝の子犬。名前

を付けようと考えているさなかであった。いつも

の様に小屋に行き覗き込むと手前に仰向けで

寝ている様な光景が目に付いた。もしやと思っ

た瞬間子犬を抱き上げた。既に冷たくなって鼻

穴から緑の液が見えた。窒息死だ。夜中に母

親の身体と小屋に押し付けられ窒息したと見ら

れる。母親イチリンも気づかなかったのか、そ

れとも運命だったのかと言い聞かせながら生ま

れた小屋と母親イチリンの小屋が見える場所

に葬りました。今後兄弟犬が健康に育って行く

よう願いを込めて、この子を「北杜ノ雪姫」と命

名し今後も供養することとしました。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 07:38:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。