■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子犬の訓練その4
訓練その4の紹介P4300041.jpg

その3は「待て」と「良し」そして「後え」でした。

その4では「来い」の訓練をご紹介します。

今日は一狼を連れてドッグランに行って来まし

た。沢山の犬達が居ると思いきや、連休も終わ

りなのか数匹の柴犬と座敷犬達ばかりで訓練

には程遠いものでしたが、それなりに遊ばせ触

れ合わせることが出来ました。一狼も子犬とは

いえやはり牡犬だった。牝の柴犬で発情まじか

にしきりにアタック。飼主さんに聞くとやはり発

情が近いとのこと。今回は多くの犬達と触れ合

わせ心の成長をさせていくことでした。さて本題

に移ります。


3.「来い」の訓練は当然ながら「待て」「良し」を

マスターしていることが前提です。ロングリード

(10m前後、もっと長くてもOK)を用意します。

「待て」又は「座れ」(座れは既に躾済)で待た

せます。犬からリードを長く徐々に犬から遠ざ

かり、飼主が据わり(ひざまずいた方がベター)

「良し」「来い」と指示した後にリードを引き犬を

引き寄せます。来なくても強引に引き寄せ眼も

前まで来たら「良し、いい子だ」と大げさに褒め

好物をあげましょう。出来なくてもリードを短い

所から始め、「待て」「良し」「来い」「良し」「いい

子だ」の繰り返しで訓練しましょう。犬が嫌がっ

たり長く出来ない時は早々に止めて次の日に

行いましょう。

くれぐれも「来い」の時に好物を見せたり

しないよう、好物は出来ても出来なくても上げた

方が良いと思います。訓練の順序を間違えな

いように「待て」は主人の命令です。「良し」はも

う命令を聞かなくていいよ。「来い」も命令です。

ですから命令と命令の解除、要は命令・解除の

繰り返しになります。命令だけでは犬は不満に

思い、解除だけでは勝手な行動走ります。これ

を頭の隅において訓練を行えばきっと覚えてく

れるはずです。繰り返し行い犬の癖にしてしま

えば良いと考えます。始めは強い口調で、覚え

始めたら優しく時には強くを犬の状態を見なが

ら強弱を使い分けるのも一つの方法です。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 09:32:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。