■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子犬の訓練その5
訓練その5の紹介P4300041.jpg

私は展覧会に出陳するため今はこの訓練は行

っていませんが、依然はしていました。結構ハ

ードですので、子犬の時から飼主の言うことを

聞かない子犬、シャイな子犬等には有効です。

飼主がどこまで我慢出来るかも試される訓練で

す。

5.一般的に言うお座りですが、訓練では命令

言葉は「座れ」と言い命令します。リードは左手

で持ち左脇に犬と平行に立ちます。リードを短

く持って、「座れ」と言いながら少し上に上げな

がら(犬の首を思い切って)上に引き(前足が浮

く位)ながら後ろに引くと後ろ飛節が曲がり座る

ような格好になります。座らなくとも腰が下がる

態勢が少し出来ます。出来なくとも「良~し」と

言って褒めて下さい位。「座れ」同時にリードを

真上に引き揚げながら後ろに引く。要は犬に無

理ではなく後ろに引くことにより自然に腰が下

がりお座り状態になっていくことを教えるだけで

す。犬が嫌がらなければ補助的に腰を抑えれ

ばお座り状態になり直ぐに身に付く犬もいます

が、自然に覚えさす方が早い犬もいます。

出来始めたら、今度は「座れ」と同時に右手の

人差し指を顔の前で下から上に指でチョンと跳

ね耳と目で命令を聞くよう躾けましょう。言葉で

も動作どちらでも命令を聞く躾が後で役に立ち

ます。言葉又は指一本でお座りが出来きると、

副次的効果で顔の動作目線でも座ることを覚

えます。指は声を出さなくても遠くから命令が出

来きとても便利なものです。是非挑戦してみて

下さい。私は決して訓練士ではありません。あく

までも経験(当然ながら犬の訓練をしている処

も見ています)と実践を書き綴ったことをご理

解して訓練をしてみて下さい。出来れば結果等

含めてコメントして頂ければ幸いです。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 11:37:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。