■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
展覧会では決してわからない
飼主が一番理解している

昨夜の雪が少し残っている河原を散歩

PC170016.jpg

途中なにやら臭いがしたのか。

PC200017_201502060856229e8.jpg

おっと話がそれてしまったので元にもどし

て。

展覧会審査では当然ながら審査対象の犬を審

査のプロが審査します。当然ながら審査プロ

グラムに従って審査が進行し順位が決まりま

すが、審査対象となるものは所詮犬の外面の

みで、決して内面を判定出来るものではあり

ません。しかし審査員は血統・将来性等も考

慮したうえで順位も正しく判断して決めてい

る。だが決してその犬の気質までは理解出来

ていないと思う。知っているのは飼い主だけ

である。い私の言いたいことは、展覧会で入

賞出来なくとも、その犬が持ち合わせている

その犬しか持ち合わせていない良い所を飼い

主が理解していればそれが一番だと思う。

それすら理解できていない愛犬家擬きが世の

中には沢山いる。残念でならない。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 08:31:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。