■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
甲斐犬の標準とは
会報も展覧会を待つばかりか。

今年も春の展覧会が予定通り4月5日に開催

される。会報の中には甲斐犬の標準を簡単に

一頁にまとめているが、標準について勝手な

理解で肉付けをしてみた。

本質・外観は良くわからないが甲斐犬の日本

犬たる宿命的性質をまとめたものか。耳は極

端に短い、前傾、先端が丸い、変形(曲がっ

ている、逆耳)でなければ大凡いいとした

い。目はやや丸く、他の日本犬はやや三角に

近い形状をしている。また目の色は葡萄色が

一般的であるが、多少なりとも茶色が入って

いる甲斐犬もいる。黄色の目は甲斐犬ではな

いく、過去に雑種と交配していると考えられ

る。口も他の日本犬と異なり奥まで長く切れ

ているが、口のたるみは減点又は失格の対象

となる。頭形は他の日本犬と大凡似ている

が、おでこは大脳の発達が大きいため丸みが

ある。その他鼻の色は黒が基本で、茶色等の

色は失格か減点となる。また色の薄い鼻も同

様な判定となる。体長と体高のベストバラン

スは100対100がベターであるが、多く

の甲斐犬は体高100に対し体長は105~

110が多い。このバランスから大きく外れ

ている甲斐犬はもしかして・・・の可能性も

あり得る。

以上は私事の勝手な・・・です。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 15:07:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。