■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
生まれて来る子犬
初めて子犬を産んだ母犬でも母性本能が行動

に出てくる。しかしその母性本能にはバラツ

キがあり、後の子犬の行動に影響を与える。

母犬の出産時に私達が手を差し伸べ子犬を綺

麗にしたり、時には母犬の乳に子犬を運んだ

りすることが果たしてよいのか疑問である。

人間が意図的に手助けをすることは母犬の母

性本能にマイナス的な要素を与えてしまうこ

とになるのではないかと思う。生まれたばか

りの子犬を咥えた母犬は安全な場所えと子犬

を運ぶ。そして体をなめて体を綺麗にし自分

が母犬であることを教えている。勿論生まれ

たばかりの子犬の体温の低下をなめて綺麗に

して防いでいる本能が母親にはある。そこに

我々人間が入り込んでしまいマインドを壊し

ているのではと思う時がある。子犬に最良の

環境は我々人間がつくるものではない。もっ

とも頼りになる母犬の行動が子犬には必要で

あると思うが。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 14:52:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。