■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やはり病院に行くべきか
今週中には出産する予定だが!。

やはり病院に行くべきか迷っている。

勿論自分の痛風も合わせて、はやり病院に行くべきだろう。

それは兎も角として、以前に近所の柴犬に咬まれそうになったこ

とがある。

咬む犬の攻撃性のほとんどは恐怖心からのものではあるが、遺

伝的な原因が最も多いと考えている。

攻撃性の強い犬は防御意識が動物本能から行動に移り、咬む、

吠える、唸る行動に出る。これは犬本来の行動ではあるが、人を

咬む事だけは是が非でも避けたい。

犬を飼うに当たっては親犬の性格・環境等も頭の中に入れて選

定すべきと思うが!

初めての体験が恐怖心に変化し悪い行動に出ないよう学習機能

を生かした飼い方をすれば自然に消えていくものである。

それには子犬のうちから公園、人ごみ、ドッグラン等で慣らせてい

くのが手っ取り早い。

ペットショップ等では何処の馬の骨とも分からない子犬を販売して

いるのかと疑問に思うこともある。

ましてや甲斐犬等12~20万円程で販売している店もあるが・・・

最近は○○県産だけの表示で、血統書等の表示が無いショップ

も見受けられる。いかがなものか?

話を戻すが、恐怖心を無くすことは難しいが、学習機能によって

少なくすることは可能である。恐怖心が少ないうちに数多くの経

験をさせることが一番の早道である。

それには生後2~4ヶ月頃からはじめることが良いと思う。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 15:15:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。