■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
犬の訓練続き
今日からでも出来る訓練の続き。

飛びつきじゃれる犬を直ぐに直す躾訓練で、直ぐに誰でも出来る

至って簡単な二つ方法を紹介しよう。



一つは飛びついているときに胸を膝蹴りする方法だ。

この方法はわが愛犬にも実践経験済みである。

当然ながら犬は何故だろうと思い暫くはの間飛びつこうとはしな

い。ただし忘れたころにまた飛びつこうとする。この時にも膝蹴り

を行えばとんどの犬はいけないことだと理解する。

但しこの躾訓練は、いけない行為とは理解するだけで上下関係

は成立していない。



二つ目の方法は、飛びついたときに足払いをして転がす。

犬が可哀そうだと思うが、たった一回で怖いと思い二度と飛びつ

きはしない。

コツは立っている時に後ろ足を思い切り払う事である。

犬が飼い主に飛びついてくる行為は犬の甘えであるが、真実は

上位関係を示すものである。



一つ目と二つ目の違いは、上下関係が生じるか生じないかの違

いにある。

一つ目は単にしてはいけない行為、二つ目は恐怖心を教え上下

関係をハッキリさせた行為である。



以上は私自身が犬の訓練士からの体感と実践の内容です。

勿論躾訓練を受け入れない犬もいますが、その様な犬には罰を

与え(食事抜き、叩く)て上下関係を確立しなければ出来ません。

まず普通の犬には効果覿面です。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 07:58:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。