■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
動物取扱責任者講習会に参加して
子犬里親急募

昨日動物取扱責任者講習会を受講してきました。

この時期に毎年一回行われる講習会。

ここ山梨では三箇所で講習会が行われる。

我が犬舎は隣の韮崎で行われた講習会に参加してきた。



法令と改正の説明が主だが、毎年のように改正されている。

加えて輸出入検疫の管理体制と狂犬病対策が講習会の狙いだ。



法令の改正は大凡理解出来るが、年々厳しい規制が施工されて

いるのが疑問に感じる。



今や犬から猫ブームに変化し、犬は飼いづらくなっているのか?

何処かの島には猫を観たさの観光ブームに沸いているが・・・

犬ときたら、猫と比較して管理が大変だと思ってもいるのかな?



子犬子猫は実に可愛い。

滅多やたらに可愛いと思い衝動的に飼うのもどうかと思う。

飼ってからの管理が大切だと考えている飼い主が何人いるか。



動物は環境に左右されがちな生き物であり、飼い主がその一生

も左右することを忘れてはならない。

言い換えれば管理出来なければ飼うなと言いたい。



動物との相性も大切な要因の一つだ。

我が家は鳥の飼育には向かない過去があった。

飼う鳥飼う鳥が何故か死んだり逃げてしまったことだ。

それと比較し犬は子供のころから夫婦で相性が実にいい。



考えてみれば、若いときから猟犬と山河でヤマドリや雉を追って

虐待じみたこともあり、犬にとってはいいが鳥たちとっては迷惑。

こんなこともあり犬との相性は良いが鳥は合わない。



相性のいい犬もいれば悪い犬もいる。

その前に犬との相性が合わない家庭もあることを忘れてはいけ

ないと思う。

動物取扱責任者講習会を受講してつくづく考えさせられた一日

だった。

12月2日生まれ  牡 一頭います

第一種動物取扱業 山梨県北杜市

第2151165 北杜中村犬舎

携帯 090-4451-1393 中村


お気軽にご連絡下さい。

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 07:09:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。