■プロフィール

kaikennaka

Author:kaikennaka
北海道・東北と渓流釣りの明け暮れから、第二の人生を機に山梨に移り住み甲斐犬三匹と共に暮らす。牝舞鶴姫号・北杜ノ一凛号、牡北杜ノ龍虎号

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
甲斐駒ケ岳
いつの日か登りたい甲斐駒ケ岳DSCN1839.jpg

この甲斐駒ケ岳も富士山をはじめとする数々

の信仰の霊山の一つである。海抜2,966m

の霊峰甲斐駒ケ岳の北東に武川町(旧武川

村)がある。かってこの武川村にも芦安村甲斐

犬と同じように甲斐犬が飼われていたと文献

に記されている。


DSCN1923.jpg
DSCN1928.jpg

横手の駒ケ嶽神社

甲斐駒ケ嶽神社は二か所にある。一つは竹字

(ちくう)の駒ケ嶽神社、もう一つは横手(よこ

て)の駒ケ嶽神社だ。なぜ二か所にあるか不明

だが、いずれにしても駒ケ岳山頂にある本宮

(奥宮)の前宮(里宮)として信仰されている。


DSCN1932.jpg
DSCN1935.jpg

竹字の駒ケ嶽神社

境内には神聖な名水神社龍神宮がある。山頂

への登山は横手・竹字駒ケ嶽神社より入山で

きるが、ハイキングは竹字駒ケ嶽神社からの入

山がいいと思う。


DSCN1938.jpg
DSCN1939.jpg

竹字の駒ケ嶽神社脇を進むと吊り橋がある。す

れ違いは出来るがやや狭い。定員5名と注意

書きがあるがそれ以上でも問題がないくらい

丈夫に出来ているようだ。吊り橋を渡りながら

川下を覗くと清流尾白川が。

橋を渡り尾白川に沿って上がれば滝見コース

だ。真っ直ぐな急斜面を上に登れば黒戸尾根

コースである。山頂へは健脚でも日帰りはき

つい、滝見コースから入り黒戸尾根コースを

経由して戻れば3~4時間コースでハイキン

グがてら歩けばよいと思う。ただし道幅は非

常に狭く毎年のように人身事故が発生してい

る。事故の多くは50~60代の世代が多い。

私も注意しなければ。


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ 甲斐犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


未分類 | 07:56:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。